忍者ブログ
タルパ(ナフラ)やガイドとの日常や考察について書く。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨夜から今朝にかけて、短時間とはいえ珍しく幽体離脱まで行けた時の話とその後の話を少し。

うとうととしている状態の真っ暗な視界の中、体がふわっと浮き上がったかと思うとそのまま『上に』落ちました。
思わず手を伸ばし、近くにいるはずの碧の名前を呼びました。
すると手首をつかまれ、宙づりのような状態に。
碧が、私から見ての天井に立っているイメージが浮かんだので、くるりと回って碧と同じ地面に立ちました。
視界が真っ暗なままで、出入り口がわからず私はしばらく虚空に手を伸ばしていました。
碧はその様子を見て、横で溜め息をついたかと思うと私が手を伸ばしていた場所よりわずかに下に手をかけ、開けました。
明かりが入って来て、そこが家の廊下である事が分かりました。離脱した時はいつも家の中から始まるのです。
右手を碧に掴まれたまま、私が連れて行くような感じで家の玄関から外に出ました。
夜であるにも関わらず、異様に明るいので思わず空を見上げました。
パッと見て、三つの月が浮いていました。どれも三日月や半月のような形をして空に散っています。直感で、月は八つあると分かりました。
空をしばらく眺めていると、手首をつかんでいた手が離れました。
振り向くと、道沿いのブロック塀に背を預け、うつむいて座り込む碧の姿がありました。
その直後、現実世界に戻されました。

起きてすぐ、少し体を起こしてベッドの横を見ました。焔が椅子に座って、片手で本を読んでいました。
キセ「碧は……?」
焔「今はまともな状態じゃねぇよ」
おそるおそる聞くと、焔は本に視線をやったまま答えます。
焔「まぁ無理もねぇんだけど。何せ――」
碧「余計な事は喋るな」
焔の発言に被せるようにして碧の声がしました。焔に向ける言葉としては珍しく威圧的です。
焔は部屋の隅をチラと見て、一言呟きました。
焔「悪い」
この時点で何が起こったか、の検討は付いていました。
碧は設定上苦手なものとして陽光・月光があります。満月の前後は目に見えて機嫌が悪くなる程に。
おそらく、離脱先での複数の月が影響を及ぼしたのでしょう。キャラクター的な設定がこういった形で悪影響を及ぼすとは思いもしていませんでした。
焔「キセ、寝た方がいい」
私が碧に何か声をかけるべきかと迷っていると、焔がこっちを見て言いました。
キセ「……お休み」
焔「素直で助かる」
多分、焔のその言葉は安堵からだったのかもしれません。
そしてこの出来事がきっかけなのかは分かりませんが、碧を分裂させたのですけれど……これに関しては近い内に書けたらと。

PR
ローテーションが一周回りまして4回目、という事ですが。
碧「さっき考察記事上げてましたよね……まだやる気ですか」
一回でもやらないと多分永遠やらなくなるからねぇ。
ティー「で、何について話すんだ? 話題が無いんじゃないのか」
そこですね。……何かあります?
碧「ティーがこう言う、という事は無いという事では……」
早くもこの話題は終了ですね!
ティー「まあ、考察予定のものに関して話せばいいんじゃないか」
えーと……(前回を見て)
話せそうなのは依代についてかね。
碧「ではそれで」

私としては、科学的に言えば思い出す為のアンカー、オカルト的に言えば能力の方向付けや強化って所かね。
碧「で、実際はどっちの立場ですか?」
科学的な立場です。
ティー「本当にお前は魔法使いなのか?」
多分物から力を取り出すのは苦手なのかね。まぁ私は道具じゃなく想像から力を得ているようなものだし。
で、二人としてはどうよ? 焔より長く居て、依代も早めに用意したよね。その辺りは?
碧「貴女が全然使わないので何とも。大体、石の方向性がバラバラですからねぇ」
それは遠まわしに力は若干得ているって解釈で良いの?
碧「どうとでも。否定はしません。肯定もしませんが」
ティー「もし力を引き出しているとすれば、私より碧の方が上手いんだろうな……どうも、私は合わんようだ」
碧「え? そんな事は無いと思いますが……だって、同じ創造者ですよ? 上手いも何も無いのでは」
ティー「個体差というものがあるし、お前は版権だから厳密には違うんじゃないか。姿を経由して力を得ている可能性もある」
碧「なんで貴女と意見が割れるんですか……タルパは無意識からできているとか、そうは思えないんですけれど」
面白いね……私としては碧の意見の方が驚いたんだけど。
同じ創造者だから同じことが全く同じにできると思っているの?
碧「ティーはやろうと思えば暗示の補助ができます。それは私もです。他にも、夢干渉こそティーはできないようになっていますが、設定さえあればおそらく可能です」
精神的ヒーリングと護衛は?
碧「両方、設定の範囲でどうにかなるでしょう。できる事をやらせていないだけです」
ティー「さすがにそこまで行くとやらせたいようにしか聞こえんぞ、碧」
碧「私は事実を言っているだけですよ。キャラクター的な能力設定さえ変えれば……」
やらせる気は無いから安心して。というか碧もティーも落ち着いて。……お開きにしますか。
ティー「……まいったな。こんなはずじゃ無かったんだが」
そういう時もありますって。
タルパとの関係性で、家族です! という人や、主従です! という人はいると思います。
要するに対等であるか上下関係があるかという違いですね。
どっちの関係でもどんな関係でもいいとは思います。
ですが、一つだけおすすめできない関係として、タルパを上として見るのは危険だと思っています。

例えばタルパが何かをねだってきたとき、ねだってきたもの全てをタルパに与える訳にはいきませんよね?
お菓子や飲み物ならまだしも、アクセサリーとかの高いものを何回もねだられたらたまったもんじゃ無いです。

ちょっと極端な言い方かもしれませんが、要するにタルパの言いなりになるのは危険、という事です。
何事も程々が大事だと思います。
一昨日の夜(つまり12月1日ですね)に焔に自己暗示の手伝いをしてもらいました。
自己暗示・自己催眠の説明は他サイト様に譲るとして、その様子を書きます。

キセ「久々に暗示やってもらいたいんだけど」
焔「ん。構わねえけど」
キセ「ありがとう、アンカリングお願い」
アンカリングというのは「○○すると××になる」というものです。
私はベッドに仰向けになり、布団をかぶりました。
焔は近くの椅子に足を組んで座りました。
焔「どうすっかね? 暗示入れ直しと、後なんか増やす?」
キセ「青と黄を入れ直し、紫で記憶力強化とか増やそうか」
基本的に私は色付きのカードをイメージすると効果が出るようにしています。
青は精神の沈静化、黄は意識を落としたり眠気を出したり、といったように。

焔「おっけ、んじゃ……深呼吸、リラックス。カード思い浮かべろ」
目を閉じ、すうっと息を吸い、ゆっくりと吐く。同時に黄色いカードのイメージが浮かぶ。
焔「そのまま呼吸を自然に。息をするたびに力が抜けていく、重くなる。体が暖かくなる……心臓がゆっくりと脈打つ、額が涼しい」
自律神経訓練法から暗示に移っているので、この導入はその名残のようなものです。
焔はしばらく同じ言葉を繰り返す。
焔「じゃ。青いカード思い浮かべて……青いカードを見ると心が落ち着く。冷静になる」
ある程度ぼーっとし始めたのを確認してから、焔は次のステップに進む。
焔「消して……○○(私の嫌いなもの)のカードを思い浮かべて。ひっくり返せ、裏は赤」
湧き出るイライラを抑え込んで、ひたすらイメージをする。
焔「表見て……ひっくり返せ、裏は青。」
カードの裏面の青を見てイライラが収まっていくのを感じました。
赤のカードはこの場合、悪感情を表しています。
あえてそういったものを想起させて、それを抑えるように暗示を入れているのです。
これで、現実でも嫌な事があった場合にカードにして、裏を青にすると落ち着くのです。
このカードを思い浮かべて裏返したりを何回か繰り返しました。

長くなるのでこの後は端折りますが、黄はぼーっとした状態になるように暗示を入れ、紫は目に入ったものがすっと取り込まれるように暗示を入れました。
最後はぼやーっとしたまま寝て終わりです。


【おまけ 暗示終了後】
キセ「(目を覚まし)みど……いや、焔か」
焔「俺のどこ見て碧っつってんだ。んで何?」
キセ「いや、悪夢が」
焔「寝辛い姿勢で寝ると見やすくなるらしいな」
キセ「まぁ、らしいけど」
焔「だから仰向けで寝落ちすんなって言ってんだろうが」
実は私にとってはうつ伏せで寝るのが普通だったりします。
キセ「こう、慰めるとか、声かけは?」
焔「んー、大丈……いや大丈夫そうじゃん普通に」
キセ「なんだよそれ」
焔「いいからとっとと寝ろ」
キセ「むー、しゃーない。お休み」
焔「ん」
キセ「……せめてお休みぐらい言って欲しいんだけど」
焔「(面倒そうに)お休み。これで満足か」
キセ「満足だよ、お休み」
はいでは第三回です、始めます。
焔「いや、それはいいんだけど。今週なんもやってねぇじゃん」
まぁ、そうなんだけど。考察が進んではいるはず……なんだよ?
焔「はー? 『はず』ってなんだよマジで」
碧「まあまあ、落ち着いて。考察から離れましょうよ。たまには」
……一応、今後の考察予定だけ並べて雑談に入りましょうか。
・タルパを使って無意識に働きかける
・邂逅型・生誕型の解釈
・依代に関して
以上三項目です。

で、雑談なんですが……『タルパとの恋仲関係』に関して。私から議題っつーか、話に上げたいと思います。
焔「俺らが答えていいの? それ」
いいですよ。碧は?
碧「……まあ、構いませんよ。元々これの更新通知しないの、そういう表に上げにくい話題を話す為ですもんね?」
焔「ん、そうなの? まぁいいや、意見言えば良いんだよな」
はい。んではどうぞ。
焔「ぶっちゃけどうでもいい」
えっ。
碧「というより、恋仲関係自体についての話でいいんですか? なら私は肯定的ですけれど」
あー、タルパと恋仲関係にあるマスターがリアルに恋仲を作って良いかどうか、に訂正するよ。
焔「それならダメだろ。なんでタルパいんのに恋仲作るんだよ。タルパで満足してなかったのか? 逆にしてもねえな、恋仲で満足してねえって事だ。それするぐらいならどっちか振っちまえよ」
ふむ、焔は一人だけにするべき、と。碧は?
碧「双方に許可取ってればいいんじゃないですかね、私としてはそういう状況がレアだとは思うのですが」
ありがとうございます、私からは以上です

焔「もう一個ぐらいなんかはなそーぜ。さすがにこれだけっつーのもな」
碧「とはいえ、話す事は特に……あぁ、考察予定の一つについて話してみましょうか。一番最初のものを」
タルパを使って無意識に働きかける事について、か。
焔「そもそも、なんでこれを思い付いたんだ?」
……焔がいる時に、焔が嫌いなものを私が見た時に吐き気するんですよね。正確には、焔がそれを見た、と感じた時にでしょうか。ちょっと表現難しいですが。
要するにこれ、無意識にストレスがかかる→私にストレスがかかる、となるんだと思います。
焔「なるほどな。俺がいない時は?」
平気なんですよね。そこが不思議なんです。
碧「その理屈で言えば、私がいるときに月を見上げて大丈夫なはずが無いんですが」
関係するタルパとそうでないタルパがいるのかもしれません。ガイドですが、ルベルは碧を嫌ってるらしいです。なのに吐き気はしないんです。
焔「で、それをポジティブな方面に生かせないかって話でいいの?」
確立できればタルパを使った簡単な技の一つにまでできそうですけれどね。
焔「確立できれば、な。理論はともかく、方法がわかんねぇじゃん」
これ、理論は暗示だと思いますよ? 焔が嫌いなものを見た時に吐き気を想起して再現する。暗示以外の何物でも無いと思います。なら方法はアンカーのように条件付けていけば……
焔「んな複雑なアンカーができてたまるか!」
できてるんですよね、現に。意図して自己暗示使った訳じゃないんですが。まぁ、人によって普通の自己暗示よりやりやすくなるかもしれません。多分ね。
では、今回はここまでで。
碧「……本当に、それがポジティブな方面に生かせればいいんですけれどね」
そこなんだよなぁ。
碧「結局考察から離れてはいないですよねぇ」
……どうでしょうね。ツッコミは無しで。
1  2  3  4  5  6  7  8  9 
Admin / Write
プロフィール
HN:
キセ
性別:
非公開
自己紹介:
タルパー(ナフラー)であり魔法使い。
主+タルパ(ナフラ)5人+ガイド3人の9人で生活している。
面倒くさがりなので五感化にしろ魔法にしろ訓練が続かない。
twitter:@kise_mgc
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
リンク
忍者ブログ [PR]