忍者ブログ
タルパ(ナフラ)やガイドとの日常や考察について書く。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さて、第二回ですね。
焔「そのナンバリングと一致してないこの数字とアルファベットは何なの?」
数字は周回数、アルファベットはローテーションに振ってるものだね。
Aはティーと碧、Bはティーと焔、Cは碧と焔ね。
ティー「ああ、そういう意味があったのか……」
前回はそういう説明無しで思いつき→即収録だからねぇ。


まぁそれは兎も角、今週投稿の考察内容。「視覚化するという事
これに関して何かあります?
ティー「私は無いな」
焔「前に幻視化目指すっつってやってた訓練はどうすんの?」
ああ、止めます。危ないと個人的には思ってるんで。
焔「ふうん、おっけ」

焔「で、だ。俺からは無意識の話をしたい」
ティー「無意識?」
これに関してはまだ考察記事としてまとめて無いから、ツイート引用+修正。

IFやガイドは自分の一部と言っても良いんだよね。
で、ガイド≒IF=タルパと考えている自分としては、うちの人達は自分の一部な訳だ。
と、いうことはちらちら見える彼ら彼女らの本音ってのは自分の本音だろうか。
とすると、タルパの設定がぶれるっていうのは、自身の無意識の形をより発信しやすいように変えていく事になるのかね。
設定を大きく矛盾する行動言動も、そう考えればなんとなく納得はいく。

ティー「以前は脳内でプログラムをする、というような考えだったな。これと何が違うんだ?」
自身とタルパが完全に切り離されているか否か、基盤があるか無いか、の二点ですね。
以前の考えでは切り離されていて基盤は無い。今回は繋がっていて基盤がある、という感じです。
ティー「ふむ、なるほど。ありがとう」

焔「……本題入っていい?」
あ、すみません。どうぞ。
焔「この考えでいった場合、オート化ってのはどういう事を指すんだ?」
無意識の発信の精度が上がっていく事じゃないかな、と。
焔「んじゃー、有意識で望んでいない設定の変化はどういう事だと思ってんの?」
有意識と無意識で溝があるんじゃないかと思います。望んでいる事とか、そういうのに。
焔「溝……溝ねえ。まあそれでいいや。俺からは以上。ティーは?」
ティー「ああ、いや、私は特に無い」
焔「えー。お前元から発言回数少ないんだしなんか話題振ったら?」
ティー「無茶振りは止めてくれないか……それこそ『キャラじゃない』だろう」
焔「そうか? んじゃお開きで。集中力続かねえっしょ」
勝手に仕切らないでくださいな……
PR

タルパ界隈一般で言う視覚化、というと幻覚のように見えるものを指す事が多いように感じます。
確かに自分のタルパが目に見えたら嬉しいでしょうし、実態が無いとはいえ手を繋いだりという事をしたい人もいるとは思います。

しかし、幻覚を意図的に見れるようにするのはとても危険だと私は思います。
コントロールできる保証も何も無いですし、もしコントロールできなくなった場合に日常生活に支障が出るのではないでしょうか。
もちろん、タルパを幻覚で見たい、という人を否定している訳ではありません。
ただ、幻覚としてタルパを見るリスクを知っておいて欲しいのです。

もう一つ、視覚化というと「脳で視る」といった表現をされる事があります。
要するに頭の中でタルパが動いているのをイメージするというものです。
こちらは幻覚を見るよりは安全な方法だと思います。


視覚化に関しては以上です。
訓練をする時は自分がどちらの視覚化をしたいか、を考えてする方がいいと思います。

と、言う訳でですね。
碧「どういう訳ですか」
いや、あまりにも日常記事が書けないんでこういう手段に出ました。
要するに一週間に一回、その週に気になった事とかで雑談しよーぜ的ノリ。ちなみにこれらはツイッター上での更新報告はしません。
ティー「しない、というと?」
真面目な話、ちょっと表では触れられないような話題扱ったりするかもってのがあるので。
後パクリスペクト的な奴だからね!
碧「どう考えても後者が本音ですよね?」

んで、早速。なんか話題どうぞ?
碧「……特には。ああ、強いて言うなら版権タルパの基準について、ですかねぇ」
ティー「そういえばちらほらそんな話が出てはいたが」
私の基準としちゃー容姿借りるは版権、参考は程度にもよる。
碧「設定は?」
性格とか能力的な物って事か、それは関係無い。あくまで容姿基準。二人は?
ティー「キャラそのものを版権として見るなら、設定でも容姿でも借りてるのなら版権じゃないか?」
碧「私はティー寄りの意見ですね、どちらかといえば」
なるほど。

……っと、集中が続かない。
碧「早いですね、一瞬じゃないですか」
言葉出るまで意識フォーカスして待ってるからその分消費早いんだろうね。
ティー「まあ、しばらくは話題が一つか二つで終わる事になるんだろうな」
多分ね。こっちで話した事を考察でまとめたり、考察の話をこっちで出したりとしていければなぁと思います。
碧「結局考察に繋がるんじゃないですか……日常ってなんでしたっけ」
なんなんでしょうね?

自分なりのタルパのオート化指標は他の人のブログでいくつか見たのですが、自分なりの分類に関してはあまり無いので考えてみました。

現在wikiに書かれているのは以下の四分類。
「創造型」「邂逅型」「生誕型」「その他」
これらに加えて以下の一分類を追加し、合計五分類にします。
「変化型」……イマジナリーフレンドなど、タルパではないものをタルパとして再認識した時の分類。

更に、そのタルパの容姿を含めた設定によって分けます。
「内型」……設定がマスターの中から来たもの。オリジナル。
「外型」……設定がマスターの外から来たもの。版権。
「混成型」……内型・外型が混ざったもの。例として容姿は版権、設定オリジナルなど。

そしてこれらを合わせて表記する場合は『邂逅内型』『変化混成型』のような表記にすれば良いかなと。
うちの人達で言えば、ティーとメイは創造内型で、碧と焔は創造混成型です。

こんな感じですかね、皆さんも自分なりのオート化指標や分類を考えてみると面白いと思います。

※文のまとまりが無く、読みにくいかもしれません

タルパの言葉には、タルパ的発言とキャラクター的発言、そしてその中間という三種類に分けられると思っています。
タルパ的発言は主人の性格や現実世界の常識に沿った発言。
キャラクター的発言はそのタルパの設定や性格に沿った発言。
中間はその両方を併せ持つ発言です。

タルパの言葉というものはキャラクターの設定(性格)か、主人の性格や常識か、あるいはその両方によって発言は決定されると思っています。
そしてこれに未分類はあり得ません。
主人の性格や常識が関わってくるのは、最初からオート化しているにしろしてないにしろ主人の影響は少なからず受けると思っているからです。

仮にタルパが外道という設定で人道的でない発言をしたからといって、キャラクター的な発言にはならない場合があると思っています。
『人の常識』に沿ってようが沿ってまいが、タルパ的発言とキャラクター的発言は別物だと思っています。
これは現実世界の常識とは別の話なので。

2  3  4  5  6  7  8  9 
Admin / Write
プロフィール
HN:
キセ
性別:
非公開
自己紹介:
タルパー(ナフラー)であり魔法使い。
主+タルパ(ナフラ)5人+ガイド3人の9人で生活している。
面倒くさがりなので五感化にしろ魔法にしろ訓練が続かない。
twitter:@kise_mgc
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
リンク
忍者ブログ [PR]