忍者ブログ
タルパ(ナフラ)やガイドとの日常や考察について書く。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

はい、では3周目のローテーションA、7回目始めます。
ニッコク「自身の調子がおかしくともやってるのはどうかと思いますが」
まあちょっと体調おかしいですが、短めに済ませる気なんで許してください。

ティー「で、何について話すんだ?」
今回はタルパの解釈についてちょっとお話。
ジール「解釈と言うと?」
例えばネットタルパと本家タルパは違うとかそんな話な。
ティー「確か、以前にしてなかったか?」
あれはタルパってどんな仕組みだろうか(『1-B』参照)というものだから、近いけど違うはず。
ジール「で、今度は何を言いたいんですか」

『IF=ネットタルパ=本家タルパ=ガイド』って事かね。
ジール「根拠を聞きましょうか」
 
左側から説明すると、IF→タルパの前例を知っている事。
ネットタルパからから本家タルパに変える事はできる事。
タルパ→ガイドの前例を知っている事。
後は認識の差では無いかと。
個人的に分けるならIFとネットタルパ、本家タルパ、ガイドっていう区切り方だが……個人的でしか無い。
ジール「なるほど。それで、どうしたいんですか」
あー、と。今更ガイド面子の名称変えをしようとも思わないし、タルパ面子も同じく。まぁうちはうちでよそはよそ、の個人主義でしょうから、この界隈は。
ニッコク「IFであり人工精霊でありタルパである、という貴女の過去の発言もありましたが……」
ツイッターでの発言だね。まぁそういう事もあっ『た』のである。過去形。
ティー「そういうものは変わっていくものだからな。実際、タルパーを始めた時と今じゃ全然考え方が違うはずだ」
そうだね、いろんな人のブログやらなんやら読み漁って、タルパには何ができるかとかタルパ維持に関する工夫みたいなのとか考察に関する何やかやとか色々教わったしな。
ティー「ブログを始めたのは憧れからか?」
建前は自分の考察を書きたい、本音はその通りで憧れだったりするんだけれどね。まぁそれはそれ、って事で。
PR
二週目ローテーションC、ジールとニッコクの二人交えては初ですね、始めますよ。
焔「で、話す事あるの?」
……まぁ、とりあえずメモ代わりみたいなもんだから。分裂後の二人の様子に関してでも話したいんですが、どうでしょう?
ニッコク「いいんじゃないですか? 別に私は異論ありませんが」
ジールは?
ジール「まあ、いいとは思いますけど。無駄な時間にしかならないでしょうに」
まあ、そう言わず。記事にはしないけど、実は18と19にジールがごたごた起こして、数日間反省してもらってた、というか……
ジール「――に手を上げた件ですか。あれは相手が悪いんです」
反省する気は無いようだね。
ジール「分からせる為でしたから。必要な事です」
……本当、どうしてこうなったんだかなぁ。
ニッコク「元は初期の碧なんですよね?」
だと思ってたけれどね。撤回する、優しさとか遠慮を抜いた、素の素の部分な気がしてる。
ジール「つまり、キャラクター的な部分……種族的な性格が強く出ている、と?」
それもあるだろうし、碧の性質でもあるんだろうけれど。じゃあニッコクはなんなんだよ、となる訳ですが。
ニッコク「貴女が碧に求めた姿では無いんですか? 私は初期からあの分裂する直前までの、碧の設定が変わった部分という解釈でしたよね」
求めて、それに応じて変化するんならもうどうしようも無いな。無意識の求めと有意識の求めが食い違った結果がこれか。
焔「今後……融合後に関しても結構アレな部分だな。で、どうすんのマジで?」
3月25日。その日をタイムリミットとして、何があっても融合させます。
焔「なんでその日なんだ?」
ティーと碧の誕生日だからです。そこまで話を長引かせる気は無いです。
ジール「こだわりすぎです。別に長引いてもいいと思うんですが」
私が嫌だからね。

で、現状の途中経過報告。実はおおよそ二週間前に一時的に融合してもらったんですが。
ニッコク「なぜか。ええ、なぜかジールも私も残った状態で碧になりましたよね」
容姿同じの色違いが3人いて会話してる光景はシュールでした。直ぐに戻しましたが。まぁそれはいいんです、問題はそれです。残っちゃったんですよね。
ジール「一時的、という意識が働いていたからでは? 本気でやればできたと思うのですが」
どうなんでしょうね……というか。ジールが拒んでるからでは、と思わなくは無いんですが。
焔「結局手段としちゃー力付く、になんのか」
ジール「もうその部分は諦めてますけれどね。ですけど、やはり嫌なものは嫌なんですが」
まぁ、前も嫌な理由は聞いたし、その部分をここに書く気は無いが。なんつーかなぁ、融合してもどうしようも無い気がしてきた。別の解決手段が必要なんだろうな。
ニッコク「ああそうそう、経過記事、ちゃんと書いて上げておくべきですからね? 今言う事でも無いとは思いますが」
んー、近い内に頑張ります。

二週目ローテーションB、第五回始めま――
焔「オイ」
……あの、仕方ないです。一月以上やってないのは仕方ないです。
焔「正確には四週間分だがな。言い訳は?」
分裂に関するごたごた(【各記事閲覧注意】『変化を許さず』『手探り』『執着』)があった、で通ります?
焔「ま、今は落ち着いてきてる所だがな。『執着』以来全然記事書いてねぇけどどーなのそこんとこ?」
日数表記を後悔している所ですね。
焔「そこかよ。まぁいいけど」
普通に言うと順調って所ですけれどね。
ティー「それで、今回は何を話すんだ?」
いつも通りの事を話します。分裂に関しては今話す事では無いですし、ローテーションの都合で二人(※碧から分裂したニッコクとジールの事)もいませんし。
焔「変わらねえなぁオイ」
そういうものです。二人がいても変わらないでしょうけれどね。

では前回以降に書いた考察・持論系は以下の通りです。
無意識に働きかける』『依代の解釈』『複数の長所と短所』『意識し続ける事
さて何か気になる所は?
焔「無意識の奴は前話したな。依代もか」
ティー「意識に関する話、が一番目新しいか?」
焔「と、いっても警告とかそういうのに近い話だってのをぼやいてたな」
そうだね、そこから派生してオート化と勝手にタルパが話しかけてくる現象は繋がってないんじゃないかとか言ってみたけれども。
ティー「勝手に話しかけてくる現象……意識外から、という事か?」
そーだね。意味合い的にはそういう感じ。
ティー「まあ、中々分からない部分が多いからな」
焔「オート化しかり、意識外からの発言しかり、ってか? まぁこの辺りは先人達がいろいろやってっけど」
ティー「個人差が大きいからな。いくらオート化指標を分けても、訓練法を書いても、結局はそこに行き着くしか無くなるんだが」
焔「憑依周辺も不明な点ばかりだ。後はまぁ、邂逅型と生誕型がどーいう理屈で出てくるか、って所かね」
あ。私自信のタルパの解釈を書くのを忘れていました。今度それに関して考察記事書きます。
焔「書いてもただの持論でしかねぇんだけれどな」
読んだ人が自分のタルパに対してあやふやな考えじゃなく、明確な考えを持つようになって欲しいんですよね。
焔「本音か?」
本音ですね。……私のように、他の人の考察で自分のタルパに関して考察記事上げる人が出てこないかな、とか思ってますが。

ティー「そういえば、依代作りに関する記事はどうなっているんだ? 誰かから提案されて無かったか」
ああ、フォロワーさんにそういうのはどうかな? って言われてるね。まあ、こっちは考え中。
焔「ミサンガとかブレスレットとかならできそうだな。お前自身以前から作ってるし」
そうだね。そっちが先になりそう。
ティー「後はプラ板か。お前はその時に抽象画のような何かを描けばいいという事を言っていたな」
プラ板は扱ったことがないので、記事にするかは不明ですがね。抽象画に関してはイメージカラーや図形でタルパを思い出すとかイメージできれば良いと思ってるので。
焔「それ、読み手は納得するのかね?」
納得しなくとも参考資料の一つにはなります。
ティー「問題は記事作成がいつになるか、だな」
……いつでしょうね。気が向いたら、でしょうか。材料の準備もありますし。
ティー「紐だけはあるよな。というか、紐があればもう編めるじゃないか」
できるけれど分かりやすい色の糸が無いから、目立つ色の刺繍糸買ってきます。
焔「まぁ、やるならさっさとやっとけよ……需要あるのか知らんが」
言わないでください。需要を考えていたら考察なんて書けません。

タルパを常に意識できるようにしたい、という意見をちらほらと見かけます。
早くオート化させたいとか、もっと構ってあげたいとか、そういう事なんだろうとは思います。
ですが、常に意識する事はオススメできません。
なぜならタルパ以外に対する集中力がその分散漫になるからです。
そして集中力が散漫になればなるほどミスや怪我が増えてきます。
要するに危険なのです。

いわゆるマルチタスクのような状態とでも言えばいいのでしょうか。
文字を書くとか、本を読むとか、物を作るとか。
そういったものを並行して行うのは難しいですよね?
タルパもそういうものだと思います。

人の脳は一つの物事を意識し続けられるようにはなっていません。
ですから、意識をする時間としない時間があるのは当然の事です。

大事なのは意識し続ける事よりも、意識のオンオフでは無いかと思います。
タルパを一人だけしか持たないという人、二人以上持っているという人。
両方長所も短所もあるので、どちらが良いとは言えないと思います。
私は複数持ちなので、生活してて思った複数の長所と短所を書いていきたいと思います。

【長所】
・タルパ内で役割分担ができる。
 例えば護衛できるのはAで、ヒーリングができるのはBで……など。タルパ一人に対する負担軽減にもなるのでは無いかと思ってます。
・タルパ同士の会話
 双方のオート化にも繋がります。

【短所】
・コミュニケーション量の不平等
 会話した内容が一字分、一句分多いとか少ないとか調整できません。これはそういうものと割り切るしか無いです。
・マスターの脳の負担が大きくなる
 対処法としてローテーションなどをよく聞きますね。慣れるまでが大変です。
・タルパ間の関係
 場合によっては喧嘩しないようにマスター側が気を付けている必要があるのではないでしょうか。

もしこれからタルパを増やしたいという人がいれば、こういった点を気を付けた上で増やすかどうか決めるべきだと思います。
もちろん、ここに書いてあるだけでは無いので自分でちゃんと考えるのも大事です。
片方のタルパに対する会話の量が増えた結果、もう片方のタルパを忘れていた、消えていたなどというのはよろしくないと思いますので。
1  2  3  4  5  6  7  8  9 
Admin / Write
プロフィール
HN:
キセ
性別:
非公開
自己紹介:
タルパー(ナフラー)であり魔法使い。
主+タルパ(ナフラ)5人+ガイド3人の9人で生活している。
面倒くさがりなので五感化にしろ魔法にしろ訓練が続かない。
twitter:@kise_mgc
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
リンク
忍者ブログ [PR]